本文へスキップ

レーヴワークス+はアクティブなシニアのための専門求人サイトです。

シルバー世代を採用する際に知っておきたい法律column

シルバー人材の募集広告を掲載するなら代理店【レーヴワークス+】~シルバー人材専門の求人サイトで即戦力となる人材探しを~

シルバー人材の募集広告を掲載するなら代理店【レーヴワークス+】~シルバー人材専門の求人サイトで即戦力となる人材探しを~

シルバー人材の募集広告を掲載するなら、代理店【レーヴワークス+】へお問い合わせください。経営者や採用担当者の悩みの一つが、人材募集です。

「企業に合うシルバー人材を募集できるのか……」「即戦力として信頼できる人が来るのか…」という方は、まずは【レーヴワークス+】が運営する募集広告のサイトをご活用ください。お客様が希望する条件をお伺いしたうえで、満足のいく募集広告のサービスを提供いたします。

また、求職者からのお問い合わせは企業様に直接流すことができますので、仲介の手間が省けます。ご要望があれば、効果的な募集広告の書き方もアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。より効率的に、良い人材と巡り会えるよう、精一杯お手伝いいたします。

シルバー人材を採用する際に知っておきたい法律

シルバー人材を採用する際に知っておきたい法律

シルバー人材を採用する際には、法律も意識しなければなりません。平成29年より、雇用保険法を変更されたことをご存知でしょうか?

これまでの雇用保険法では、65歳以上で雇用された労働者は、雇用保険に新規に加入することが不可能でした。ただし、65歳になるまでに同一事業主の適用事業に雇用されていた被保険者に対しては雇用保険法が適用され、離職して求職活動を行う場合には、賃金の50~80%の最大50日分が一度だけ支給されていました。

平成29年の雇用保険法改正後は、65歳以上で新たに雇用された人も雇用保険に加入することができるようになったのです。さらに離職して求職活動をする場合には、その都度高年齢求職者給付金が支給されるようにもなりました。

また、介護休業給付金なども受けられるようになり、シルバー世代の方が家族の介護をしながら、働ける環境が整ってきています。さらに、この保険は年金との併給もできますので、雇用の担当者としても、知識や技術のある方々を採用しやすくなりました。

雇用保険の支給要件に該当する場合には、必要な手続きを行うように案内することをおすすめします。雇用保険法の他にも、シルバー層を採用する際に役立つ助成金があります。シルバー人材を雇用する時にはこれらの法律や制度を把握しておき、適宜対応をするようにしましょう。

シニア人材に関する豆知識

シルバー人材の募集広告を掲載するなら【レーヴワークス+】へ

サイト名 レーヴワークス+
TEL 072-275-6609 (受付10:00~17:00、土日祝はお休み(年末年始等は別途お知らせ))
mail reveworksplus@reveworksplus.com (24時間、365日受付)
URL https://reveworksplus.com/